【日韓インスタント麺杯】どれが一番辛い?激辛対決!

韓国グルメ

韓国といえば激辛インスタント麺が定番中の定番ですよね♩

韓国ドラマの登場人物やK-POPアイドル達が美味しそうに食べている姿を見て、「美味しそう!」と思ったことも多いはず。最近では日本のスーパーやコンビニでもよく目にするようになりました!

ところが、中には安易に手を出すと危険な代物も…

そして昨今の激辛ブームで、日本のメーカーもこぞって激辛商品を展開し始めました。

激辛の本拠地「韓国」勢と、新進気鋭の「日本」勢

果たしてどちらの国の商品が「激辛インスタント麺」の名にふさわしいか…

筆者が実食し、検証!

選手紹介

プルダックポックンミョン
画像引用元:SAMYANGFOODS

【韓国代表】プルダックポックンミョン

韓国人気No.1インスタント麺。可愛らしいキャラクターをパッケージに配しながらも、そのお味は強烈。無慈悲な辛さに悶絶必至。「炒め麺」というジャンルで、汁のない麺。混ぜそば、焼きそばに近い感覚。近年日本でもSNSを中心に話題を集めています!

【日本代表】ペヤング激辛やきそば

ご存じ、日本では大定番の「ペヤング」が、激辛領域に進出。見たことないくらい真っ赤なパッケージが目を引き、見るからに激辛。「辛さレベルMAX」の文字と、「お子様注意」などの文言でさらに期待が膨らむ。その実力やいかに。

画像引用元:まるか食品株式会社
画像引用元:7premium

【日本代表】蒙古タンメン中本北極焼きそば

こちらはセブンイレブン限定商品。有名ラーメン店「蒙古タンメン中本」でも最強レベルの辛さを誇る「北極ラーメン」が焼きそばになって登場。お店で食べた事がある方であればご想像がつくはず。多分、めっちゃ辛い。

いざ実食!

色味の違い

プルダック

混ぜている段階で、目と鼻にくる強烈な香り。食べてないのに辛い!(涙目)

器の縁の着色がもう流血事件。「赤い」というより、なんか「赤黒い」。やはり大本命

激辛ペヤング

真っ赤なパッケージとは裏腹に、作ってみると見た目は意外と「普通」っぽい。

香りもそこまで強烈ではなく、第一印象は「ちょっと辛そうな焼きそば」。

北極焼きそば

ペヤングよりも赤みが強く太麺に辛味要素がばっちりと絡み合っている様が見て取れる。

これは期待できる!

食感の違い

プルダック

日本の焼きそばよりも、コシのある食感が特徴。もちもちと食べ応えがあるが、辛くてそれどころではない

激辛ペヤング

紛れもなくペヤングの食感。カップ焼きそば特有の香りが立ち上る、コシのない縮れ麺。

いや、誤解のないように付け加えると、これはこれで旨いのだ!

北極焼きそば

モチっとした太麺でかなりボリューミー。焼きそばというよりも油そばとかまぜそばとかに近い感じ。

タレが絡んでかなり良い感じ。

味の違い

プルダック

辛さの中にも深みがある。舌も唇もびりびりとした痛みを感じるほどの辛さだが、味噌の様なコクも感じられ満足感たっぷり。でもとにかく辛い!辛い!痛い!胃まで痛みが襲います…

激辛ペヤング

ファーストインプレッションの辛さは控えめだが、後から徐々に辛さが襲う!見た目とは裏腹に唐辛子の辛さ。でもちゃんと「味わえる」レベルの辛さが絶妙。日本人には合っている気がする…7

北極焼きそば

「辛い」の前に「ニンニクすげぇ!」という感想。ニンニクの旨味が辛さをより引き立て、味に奥行きを出してくれている、そんな印象。めちゃくちゃ美味しい

評価

やはり「辛さ」にフォーカスすると、激辛の本場韓国のプルダックポックンミョンの圧勝でした。

辛いを通り越して痛いと思わしめる食品は、辛さに強い人でも覚悟を持って食すべき

ですが、日本勢も負けてはいませんでした!

日本の焼きそばというアイデンティティを持ちつつも、きちんと辛さを追求した激辛ペヤング

人気店の誇りとプライドで、辛さだけではない旨味も追求した蒙古タンメン北極焼きそば

どの商品も、激辛インスタント麺という新ジャンルの看板を背負うに相応しい商品でした♪

ジャンクだとはわかっていても、ついつい手を出してしまう…

恐るべし、インスタント麵の沼。

おまけ

今回は真っ赤なパッケージの激辛ペヤングを選手に選びましたが、実はもっと辛い獄激辛ペヤングなるものも存在します…

画像引用元:まるか食品株式会社

こちらも実食してみましたが、激辛ペヤングとは比較にならないほどの辛さと痛みでした…

ご注意を…笑

日本の焼きそばらしい食感を残しつつも、激辛の本場により近づいた味となっていたのでぜひチャレンジしてみて!

리카 リカ

//韓国大好き主婦Webライター。// ▶韓流ドラマ歴10年。 ▶K-POPオタク歴8年。 ▶最近はオーディション番組を見るのに大ハマり。▶韓国語勉強中。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP